オナニーノウハウ

催眠音声『おゆうぎのじかん』であなたの深層心理を実現しよう!

oyuugi

『おゆうぎのじかん』は、赤ちゃんプレイを楽しむことができる催眠音声作品。
催眠オナニーを通して、あなたの隠れた深層心理を実現してみませんか?

あなたは、子供の頃のように安全で守られた、優しい世界に帰りたいと思ったことはないでしょうか。

もしも、幼い時間に戻ることができたら。
どんな願望でも叶えることができたら。

そして、優しい少女に甘く優しく、甘美で刺激的な愛欲と性欲の時間を過ごすことができたら。

このような願望を実現することができる作品。
それこそが催眠音声『おゆうぎのじかん』です。

催眠オナニーは、どんな性的願望も本物の性行為に変えることができるオナニー方法。
催眠音声を使うことで、脳の奥底までやさしく溶けていくことができますよ。

続きを読む

0

催眠音声『リミットマリオネット』でドライオーガズムを確実に体験しよう

limitmarionet

あなたは催眠オナニーでドライオーガズムに達したことがありますか?
もし、まだなかったとしたら催眠音声『リミットマリオネット』を使うのがドライでイクための近道です。

ドライオーガズム。
それは射精を伴わないオーガズムのこと。
男性はふつう、射精を伴うエクスタシーでは、オルガスムの瞬間、快感と脳の発情が終わってしまいます。
ところがドライオーガズムなら、まるで女性の絶頂と同じように終わらない快感を体験することができるのです。

ドライオーガズムには催眠音声が最適。
そして、ドライオーガズムに確実に達するなら『リミットマリオネット』が最適です。

『リミットマリオネット』ではどうして簡単にドライオーガズムに達することができるのか。
初めてのドライオーガズムに最適の作品を紹介します。

続きを読む

0

ひとりでできるもん~オトコのコのためのアナニー入門~がおすすめの理由

161104anal01

アナニー初心者にオススメの入門書。
それが『ひとりでできるもん~オトコのコのためのアナニー入門~』です。

男性でも女性とまったく変わらないドライオーガズムを楽しむことができるオナニー方法。
それがアナルオナニー(アナニー)です。

このサイトでも初めての方向けのアナニー方法について詳しく解説していますが、もっと詳しくアナニーについて知りたいという方もいるのではないでしょうか。
そんなときこそ、この本『ひとりでできるもん~オトコのコのためのアナニー入門~』が最適です。

本書の特長は、日本初かつ最高峰のアナニー入門書だということ。
アナルの自己開発方法はもちろん、わかりやすいイラスト解説つきでエネマグラなど器具の挿入方法を解説しているので、アナルをいたわりつつ安全にアナニーの快感を得ることができますよ。

アナニーで得られるオルガスムは、脳天を突き抜けるようなまさに強烈なもの
体内の性感帯を直接刺激する、女性的な極限エクスタシーを覚えるなら、この1冊がぜひおすすめです。

続きを読む

0

催眠音声『ツインズ』は快感と暗示が同時に高まる音声作品

twins011

催眠音声作品『ツインズ』では、どんな催眠オナニーを行うことができるのでしょうか?

男性でも女性のようなドライオーガズムに達することができるオナニー方法、それが催眠オナニー
そのときに重要なのが、効果が高い催眠音声作品を使用することです。

効果のある催眠音声の特長とは、誰でも催眠暗示にかかることができるということ。
左右の音のバランス、立体音響、そして脳が処理しきれない情報密度などの技術により、初めて催眠オナニーを体験する方でも、確実に催眠暗示の世界に入ることができますよ。

そこでおすすめする催眠音声が『ツインズ』です。
ツインズは、催眠にかかるのと同時に性的快感がどんどん高まっていくことが特長の作品。

性的欲求の高まりと催眠の深まりの相乗効果で、無限に絶頂感を高めることが可能です。

初めての方のために、今回は催眠音声『ツインズ』の特長について紹介します。

続きを読む

0

催眠音声『双子の催眠彼女』で楽しむ催眠オナニーの甘い快感

futago

『双子の催眠彼女』は、甘い快感の世界に浸ることができる催眠音声です。

催眠オナニーは、射精の快感の数倍ものオルガスムを体感することができるオナニー方法
しかも、使用する催眠音声によってさまざまな快感を得ることが可能です。

そんな催眠音声のなかでもおすすめなのが、双子系といわれる、脳を幻惑する作品。
なかでも『双子の催眠彼女』では、脳の情報処理能力をはるかに超えた催眠暗示、耳への刺激、そして淫語や猥語を強制的に注入されることで、双子の女の子にされるがまま、猛烈なエクスタシーに至る体験が可能です。

双子と楽しむ甘い快感
『双子の催眠彼女』のエクスタシーとは、いったいどのようなものなのでしょうか?

続きを読む

0